のんびりころりん

ごろごろのんびりいきまっしょ

英単語アプリ”mikan”の効果が驚くほどでる使い方3選

移転しました。

5秒後に自動で転送いたします。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

英単語学習アプリとして大人気のmikanについて、こういう使い方をしたら効果が出たよというアプリの設定や使用方法をまとめました。

mikanの公式ページに”効果的な学習方法”というページがありますが、こちらはmikanを使えば英語習得の近道になりますよという内容になりますので、私はその更に一歩奥の具体的な使い方について説明していきます。

How to Use — mikan

ただし、あくまでも私には効果があったという方法なので、まずは試してみてさらに改良を加えていくのがいいと思います。

 

英単語アプリ mikan
英単語アプリ mikan
開発元:mikan Co.,Ltd.
無料
posted with アプリーチ
アプリをダウンロードして、まずはどのコースから勉強しようかなと思い、多くの方は自分の目的に合わせた単語グループのコースを選ぶかと思います。
例えば、TOEICの点数を上げたいという目的でmikanをダウンロードした場合は、カテゴリ一覧の中にある”TOEIC英単語2500”というコースを大体選びますよね。
しかし、その段階で”TOEIC英単語2500”を選んでしまうとほとんどの方は難しいと感じ、途中で心が折れてしまうと思います。実際に私も一度心が折れました。笑
 
ではどうすればいいのか。
まずは四の五の言わずに”センター試験英単語500”からやりましょう。
こちらがmikanの中ではいちばん簡単なコースになっています。
「えー。そんな基本的な単語から500語もやんの!?」なんていう皆さんのこころの声が聞こえてきそうですが、「そうです。やるんです!」
これには理由があるのですが、簡単なことなんです。
基本的な単語だからこそ知らないと致命的な結果につながる可能性が高いからです。
ほかのひとが知らない単語を知っていることでのプラスもありますが、まずは頻出単語をしっかり覚えて土台を固めてから次にいきましょう。
少なくとも下記順序で3つのコースをマスターしましょう。
 
センター試験英単語500
 ↓
大学受験英単語2500
 ↓
TOEIC英単語2500
 

”一回に学習する単語数”は100単語

次に、実際に単語を覚えていく過程に入っていくのですが、ひとつ設定を変えてほしいところがあります。

それは、”一回に学習する単語数”を10単語から最大数の100単語に変えるということです。

この設定は学習する際の区切りとなる単語数なのですが、初期設定の10単語だと区切りが多すぎるため、コース内の単語をすべてやり終えるのにあまりに時間が掛かりすぎてしまい、また心が折れる原因となってしまいます。

私のおすすめは100単語なのですが、100は多すぎるという方は50単語に変えるなどします。

先ほど、いちばん初めに選択すべきは”センター試験英単語500”だという話をしましたが、基本的な単語は習得済みだというかたの場合は、100単語ずつ行い500単語すべて終わるのに20分も掛かりません。

初めの一回ですべて覚える必要はないので、とにかく量をこなすようにしましょう。

一通り終わったところで”苦手な単語”がピックアップされますので、その数が0になるように繰り返し学習します。

この段階で、テスト後の単語の例文を参考にするのがもっとも効率的です。

※コースで100単語終わるごとに”ランクアップテスト”を受けることになりますが、その時には”一回に覚える単語数”を10単語に戻しましょう。

 

”うろ覚えな単語”が100を超えたら総復習をしよう

mikanにはコース内で学習した単語を4ランク(完璧に覚えた単語、ほぼ覚えた単語、うろ覚えな単語、苦手な単語)に分類する機能があります。

ランクアップテストを受ける時点で苦手な単語は0になっているはずですので、基本的には上位3ランクに分類されています。

テスト中の解答に時間が掛かった場合にはうろ覚えな単語に分類されていきますので、その総計が100単語を超えたあたりで”うろ覚えな単語”の総復習を行います。

センター試験英単語500”の段階ではうろ覚えな単語が100以上にならないかもしれませんが、ほかのコースでは往々にあると思います。

ここの単語数が100を超え、300以上になってくると復習がきつくなってきますので、あいまいになっている単語には多く触れるようにし、早めに苦手な単語をつぶして記憶に定着させるようにしましょう。

 

まとめ

mikanは英単語を覚えるためにはとても効果的なアプリです。

しかし、いいアプリを使って勉強していても最終的に結果へつながらなければなにも意味がありません。

言語というものは一朝一夕で身につくものではないのでなかなか苦しいこともあるかと思いますが、アプリの使い方を工夫して、英語が使えるようになるために頑張っていきましょう!